日本博 JAPAN CULTURAL EXPO

令和3年度日本博
イノベーション型プロジェクト
「みんなの花火 〜誰もが
つながり楽しめる花火」

文化庁

新型コロナウイルスの蔓延で、人々が集まることができなくなり、各地の花火大会も相次いで中止となっています。それでも日本人の花火に対する思いは強く、日本各地で無観客のシークレット花火が揚がるようになりました。人々は空を見上げる代わりに、スマホやPCの画面を通して花火を楽しむ姿も普通のこととなってきました。
会場に行くことはできないけれど、どんなに遠い場所で揚がる花火も、画面を通してつながることで、好きな場所で楽しむことができるようになりました。
今年の「みんなの花火」はこのつながりをもっと強く、もっと楽しいものにするために、様々な場所で、様々な人がつながり、オンラインだからこそできる、オンラインだからこそ楽しい、そんな花火を贈ります。

〈最新情報〉
11月3日(水)
長野県長野市にて、「みんなの花火〜誰もがつながり楽しめる花火、長野市復興祈念花火」が実施されました。詳細はこちらからご覧いただけます。
10月2日(土)
長野県長野市にて、11人の子どもたちと花火教室を実施しました。
9月4日(土)
青森県弘前市にて、「みんなの花火 in 弘前 希望の光プロジェクト」が実施されました。詳細はこちらからご覧いただけます。
8月28日(土)
大阪府泉佐野市において「りんくうスマイルプロジェクト みんなの花火@大阪」が実施されました。打揚げの配信映像はこちらからご覧いただけます。
8月17日(火)
青森県弘前市で花火教室を開催しました。
8月10日(火)
大阪泉佐野市と、群馬、茨城をオンラインで結び、アバターロボットを使用した花火教室を開催しました。

今年も「みんなの花火」
はじまりました

最新の活動

11月3日のライブ配信はこちらからご覧ください。
花火の打揚は18:30からです。

今年の実施会場